災害・停電時は井戸ポンプは動かせないのか?いざという時に困らないように備えよう!

生活
スポンサーリンク

皆さんのご自宅には井戸ポンプは設置されていますか?

日本は地震大国なので、水道配管の破損すれば断水する可能性もありますし、降水量が少なければ使用制限がされる場合があります。

そんなときでも井戸ポンプがあると水を汲み上げて使用できるので、水に困ることがありません。

日本は井戸を掘れば水が出てくるところも多く、都市部でなければ水源が豊かなところは沢山あります。

しかし井戸ポンプはメリットばかりではありません。デメリットもあります。

それは井戸ポンプ自体が故障したりや停電すると電動タイプの井戸ポンプは使えなくなります。

今回は井戸ポンプの特徴やいざという時に困らないように対策も記載していますので、ぜひご覧ください。

井戸ポンプのデメリット

井戸ポンプのデメリットは故障したら使えなります。

現在製造されている井戸ポンプは故障しにくいため、そこまで心配することはありませんが、故障すると水を汲み上げることが出来ません。

故障するときはだいたい予兆があります。

  • 水の勢いが弱くなった
  • 水が出てくるまでに時間がかかる
  • 異音がする

↑などいつもと違った違和感に気づくはずです。

突然故障してしまう場合は少ないですが、水が使えなくなると、料理もままならないしトイレも使えません。

水が出なくなると修理が済むまでは生活が大変になりますので、故障の予兆があればすぐに直すようにしましょう。

水漏れトラブル時に「水道救急センター」に修理を依頼しました。すぐに到着しやすく修理できたのでとても満足してます!

●給湯器やポンプのトラブルはこちらからどうぞ

故障する前に修理しよう!おススメ業者を紹介

おススメする業者を2つ紹介します。故障しかけたり、故障したら必ず修理するようにしましょう。

水は生きる上では欠かせない貴重なインフラです。何か違和感があれば、すぐに依頼しましょう!

また井戸ポンプに限らず、配管の水漏れなどに気づいたら修理しましょう。

私の実家では台所行きの水道配管の破れに気づくのが遅れてしまい、台所の基礎部分(木造住宅)が腐食でボロボロになりました。

住宅の基礎が腐食したりするとかなり大掛かりな修繕が必要になります。程度によっては数十万円を軽くします。「このくらいの不具合は大丈夫か」など高を括らずに修理することをおススメします!

おススメ業者①:水道救急センター

水道救急センターは東北(宮城、福島、山形、岩手)、関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城)、東海北陸(愛知、岐阜、石川、富山、三重)、関西(大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山)に対応しています。

  • 最短30分ですぐに駆けつける
  • その場で無料見積もり
  • 作業時間は30分~

ということを売りにしています。

はじめての方限定でキャンペーンで5,500円割引(2回目以降は総額から10%割引き)が適用されますので、↓のリンクよりホームページをご覧ください

水回りのトラブルにお悩みの方は、水道救急センターにおまかせ!
水道救急センターより参照

おススメ業者②: 水の救急サポートセンター

水の救急サポートセンターはほぼ全国に対応しています。
北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・岡山県・広島県・鳥取県・島根県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県

  • 全国に幅広く、最短即日出張
  • 年中無休で受け付け
  • 見積もり無料で追加料金なし

ということを売りにしています。

↓のリンクからぜひご覧ください。

☆即日対応☆ 給排水ポンプの故障・交換・修理ならすぐに駆けつけます。
水の救急サポートセンターより参照

電動タイプの井戸ポンプのデメリット

井戸ポンプとは、井戸水を汲み上げるために必要で種類は2つあります。

人の手で動かして水を汲み上げる昔ながらの「手動ポンプ」と、電気の力で楽に水を汲み上げられる「電動ポンプ」があります。

「手動ポンプ」は今では見かけることが少なくなりました。

たまに観光名所などにポツンと「手動ポンプ」が置いているところもありますね。

映画【となりのトトロ】でも出てきたのでピンッ!くる方もいるのではないでしょうか?

現在ではその手軽さから「電動タイプの井戸ポンプ」が主流になっています。

その電動タイプの井戸ポンプは電気がないと動かすことができず、停電が起こると電気・水道も使えなくなります。

これでは生活するのが途端にきびしくなりますね。

私の実家も「電動タイプの井戸ポンプ」を使用しており、台風による被害で停電で、電気と水道を使えなくなったので本当に困りました。

家庭用発電機やポータブル電源を準備しよう

災害・停電が起こっても「電動タイプの井戸ポンプ」が使えるためにするには、電気を送れるようにすればいいのです。

『いや!停電しているから動かせないだろ!』と思った方におススメするのが、家庭用発電機やポータブル電源です。

停電しても井戸ポンプへ電気が供給でき、水を汲み上げることができます。また家電も使えますので、災害・停電時の強い味方になってくれます。

詳しくはこちらの記事に書いていますので、ぜひご覧ください。

まとめ

井戸ポンプは災害に強く、降水量が少なくても使用制限もかかりません。

ただし井戸ポンプの故障により水道が使えなくなったり、「電動タイプの井戸ポンプ」では災害・停電時には電気・水道が使えなります。

井戸ポンプは故障する前に修理して、「家庭用発電機」もしくは「ポータブル電源」を備えて、不具合や災害・停電に備えてみてはいかがでしょうか?

災害・停電が起こらないことが一番良いですが、自然や環境を相手にするので、願うだけではどうしようもありません。

しっかりと対策をして家族のため、自分のために備えておきましょう!

おススメ業者①:水道救急センター
地域が限られますが、ホームページを見れば割引も受けられるのでおススメですよ!

水回りのトラブルにお悩みの方は、水道救急センターにおまかせ!

おススメ業者②: 水の救急サポートセンター
ほぼ日本全国に対応していますので、水道救急センターが対応していない地域であればこちらもいいでしょう!

☆即日対応☆ 給排水ポンプの故障・交換・修理ならすぐに駆けつけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
この記事をシェアする
うきぐもをフォローする
うきぐもブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました