アウトドア、キャンプでも「コット」で快適に睡眠!簡易ベッドで休憩を取ろう!

アウトドア
スポンサーリンク

コットとはアウトドアやキャンプで使える「簡易ベッド」です。

折りたたんだり、分解したりして、「持ち運びやすい&簡単に組み立てられる」ので、アウトドアやキャンプに大活躍します。

疲れたときに休憩で横になったり、テントの中に入れてベッド代わりになる素晴らしいアイテムです。

今回はコットの種類や特徴、テントで使う時の注意点についてご紹介します。

コットってなに?

ネイチャーハイク コット

コットは簡易ベッドのことです。

今ではコットの種類が増え、組立てタイプor折りたたみタイプ、軽量タイプor耐久タイプや組み立ての簡単さなど様々な特徴のあるコットが増えてきました。

コットで快適な睡眠をとる!

エマージェンシーシートで温かさをとる猫

アウトドアやキャンプでは基本的に屋外で過ごすので、楽しいですが、疲れがたまりがち…

疲れを取るには、休息・睡眠しかありません。

テントの中はフラットに見えて、地面の凸凹や斜面、硬さ、小枝などが落ちていて、ベッドの上での快適な睡眠とは違います。

グランドシート、マットや寝袋でどうにか調整しても若干の違和感はあります。

特にキャンプ初心者なら、場所選びが苦手でそう思うことも多いのではないでしょうか?

コットがあると簡単にフラットな寝床を作れるので、快適に睡眠を取れます!

また少し疲れて横になりたいときもコットの上で横になれ、自然の中で休息を取るのは気持ちいいですよ!

コットの種類

コットのタイプは様々です。

コットの大まかな種類
  • 初心者にも組み立てやすいタイプ
  • 持ち運びやすい軽量タイプ
  • 耐久性の高いタイプ
  • いろいろな使い方に向き!脚の高さ調整できるタイプ

最近の流行りは脚の高さをハイタイプとロータイプに切り替えられるコットです。

ベンチとして座ったり、虫を上ってくるのを防止するため、脚を伸ばしたり、ドシット安定感を感じながら寝るために脚を短くするなど使い分けができます。

他にも人が上に乗るので、耐久性があるコットでフレームが固く、力のある男性でもコツを掴まないと組立てにくいコットがあります。

コットを使う時の注意点

コットを使うときは↓のことを注意してください。

テントの中に入る大きさのコットを使う

コット テントの中に収納

テントの中でコットを使うには、当たり前ですがテントの中に入るコットが必要です。

ソロキャンプ用のテントや登山用の軽量テントにはコットが入らない場合もあるので、十分にサイズ感に注意してください。

私が使っている登山用のテントにギリギリ入るサイズだったので、キャンプ場であたふたしました。

コットを購入するときはテントに入るかサイズ感を確認しておきましょう。

組み立てるときのケガをしない

コット 組立て中

組み立て式のコットは意外とフレームが固いので、組み立てるときに力が要ります。

勢い余って手をどこかにぶつけたりするとケガの可能性が十分にあります。

組立てはスペースが広く、周りに人がいないことを確認して組み立ててください。

おすすめコット7選

ここからはおすすめのコットについて紹介します。

口コミ数が多いコットや実際に寝そべってみて良かったコットを厳選しました。

WAQ 2WAY フォールディング コット

ハイタイプとロータイプが切り替えられる2way仕様の組み立て式のコットです。

ロータイプに付属の脚を付け足すことで、ハイタイプに切り替えることができます。

重さは約3.2kgと重たいですが、その分耐荷重もあるので、ガツガツ使いたい方にピッタリです!

項目スペック
重量約3.2kg
静止耐荷重150kg
展開サイズ190×67×37cm(ハイ)
190×67×17cm(ロー)
収納サイズ60×18×18cm

ネイチャーハイク キャンプベッド

ハイ/ローが切り替えられる2way仕様の組み立て式のコットです。

↑で紹介したWAQのコットより耐荷重は同じだが、重量が軽い!

ただ少し価格が高いので、価格or重さのどちらかを重視するかで選びましょう。

項目スペック
重量約2.3kg
静止耐荷重150kg
展開サイズ190×65×38cm(ハイ)
190×65×17cm(ロー)
収納サイズ19×19×52cm

DOD バッグインベッド

組み立て式のロータイプのコットです。

DODといえばスゴイッス秘密のグリルさんなど機能性とデザイン性を兼ねたキャンプ用品をたくさん扱っているブランドです。

DODのコットには寝心地に好評があります。

横幅が広いのでコットの上で寝ていても寝返りが打つことができます!

項目スペック
重量約2.6kg
静止耐荷重120kg
展開サイズ183×72×16cm
収納サイズ12×16×51cm

→関連記事:【最高の座り心地】売り切れ必至!DODの「スゴイッス」レビュー 角度調整・高さ調整ができるアウトドアチェア!

ヘリノックス ライトコット

重さは1.2kgしかなく、組み立て式のコットの中でも最軽量の部類です。

アウトドアやキャンプでは荷物が多くなりがちなので、荷物を少なくしたい方に向いているコットです。

項目スペック
重量約1.2kg
静止耐荷重120kg
展開サイズ185×60×13cm
収納サイズ13×13×53cm

サーマレスト ラグジュアリーライト ウルトラライトコット

重さは約1.4kgしかないので、組み立て式のコットの中でも軽量の部類です。

収納時はとてもコンパクトになり、持ち運びやすいのが特徴です。

支柱の数は多いので、組立てには時間がかかりますが、耐荷重があるのがおすすめポイントです。

項目スペック
重量約1.36kg
静止耐荷重147kg
展開サイズ196×66×11cm
収納サイズ13×13×43cm

キャプテンスタッグ アウトドアベッド

組み立て式のロータイプのコットです。

コットは価格が10,000円程度と意外と高いですが、キャプテンスタッグのコットは5,000円程度で購入できます。

その代わり重さの割には耐荷重が低いので、座りっぱなしの方、体重が軽い方には向いているコットだと思います。

項目スペック
重量約3.1kg
静止耐荷重80kg
展開サイズ180×60×18cm
収納サイズ20×5×65cm

山善 コット

折り畳みタイプのコットです。

組み立てる必要がないので、開くだけで設置でき、キャンプ場に着いてすぐ使うことができます!

10段階のリクライニング機能が付いているので、お好みに合わせて使用できます。

組み立てタイプのコットではリクライニング機能が付いていないので、ゆっくりくつろぎたい方におすすめです。

項目スペック
重量約5kg
静止耐荷重80kg
展開サイズ183×58×25cm(ハイ)
183×58×83cm(ロー)
収納サイズ58×66×8cm

どこで購入がオススメ?

私が愛用しているショップはサンデーマウンテンです。

ポイントアップキャンペーンが定期的に開催し、新商品も続々入荷しています!

3,980円(税込)以上の購入で送料無料になったり、購入商品のレビューを投稿すると500ポイントももらえます!

少し購入するだけで送料が無料になり、ポイントもザクザク貯まるので、アウトドア・キャンプ用品をお求めの方にぴったりのショップです。

6,000点以上のアウトドア・キャンプ、登山グッズやアウトドアブランドのアパレルも販売しているので、興味がある方に見て欲しいショップです!

→サンデーマウンテン公式ショップリンクはこちらからどうぞ

まとめ

今回はアウトドアやキャンプで活躍するコットについて紹介しました。

疲れを取るためには休息や睡眠は大切です!

コットがあれば横になれたり、地面の凸凹や斜面を気にせず寝ることができます。

ぜひコットを準備してアウトドアを楽しんでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アウトドア
この記事をシェアする
うきぐもをフォローする
うきぐもブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました