第2種電気工事士実技試験の工具を「100均」買う!必要工具一覧を紹介

資格試験
スポンサーリンク

第2種電気工事士技能試験は工具が必要で、すべて自分で準備が必要です。

電気工事用の工具を買い揃えると意外とお金がかかります。

品質の良い工具を買い揃えると10,000円ぐらいかかる…

とりあえずお金をかけず資格を取りたい!という方は、100均の工具は使えるのか?と気になるのではないでしょうか?

庶民の味方の100均!なんと100均で最低限の工具は揃えられます!

今回は電気工事士実技試験に必要な工具にできるだけ、お金をかけたくない方に向けて記事を書きます。

第1種電気工事士試験に合格していますので、安心してみてくださいね!

この記事で解決すること
  • 第2種電気工事士実技試験で使える「100均工具」と「お金をかけるべき工具」が分かる
  • 100均工具でもOKだが、やっぱり品質の良い工具が使いやすい

筆者は第一種電気工事士試験に合格しています

100均で買える工具

お金

電気工事実技試験に挑むために、まずは最低限の工具を準備しましょう。

お金をかけたくない方でも必ず準備してくださいね。

必要工具と100均で買える工具
  1. カッターナイフ ➡ 100均
  2. プラスドライバー ➡ 100均
  3. マイナスドライバー ➡ 100均
  4. ペンチ ➡ 100均
  5. スケール(メジャー) ➡ 100均
  6. ウォーターポンププライヤー100均
  7. リングスリーブ圧着工具 ⇒ 電気工事用品

※↑にはAmazonリンクを貼り付けています。

電気工事士実技試験を受けるには、上に書いている工具を必ず揃えましょう。

実技試験では必ず使うといってもよい工具です。

意外とびっくり。リングスリーブ圧着工具以外は100均揃えられる!

最近の100均はレベルが高いのでセリア、ダイソーでドライバーやスケールなどの工具を揃えることができます。

ホームセンターで買う高品質な工具は1つ¥1,000円~する!

↑1~6まで600円で買えて、約6,000円の節約ができますよ。

ただし「リングスリーブ圧着工具」は専用工具を買いましょう。

理由は↓で解説します!

リングスリーブ圧着工具のみ専用工具を準備

電気工事では、配線同士を接続することで、任意の箇所に電気を流す回路を作ります。

簡単に配線同士が外れないようにするためには、しっかりと接続する必要です。

住宅などでは配線が外れると、不通で電気が使えなくなったり、最悪の場合は短絡(ショート)して、火災の原因にもなります。

配線同士を接続するには、リングスリーブ(金属製の輪)の中に通して、強い力で圧着して、配線が外れないように固定します。

最近の住宅では使用頻度減ってきましたが、電気工事士試験では必ずと言って良いほど、配線同士の固定にリングスリーブを使用します。

ペンチなどでは力を入れても圧着はできませんし、リンクスリーブに圧着工具で圧着した印(刻印)が無いと圧着不良で実技試験の減点対象になります。

圧着するためには「リングスリーブ圧着工具」が必須なので、100均で買えないので準備しましょう。

通販サイトやホームセンターで売っていますよ。

100均工具の注意事項

光る指

100均工具は、専用品と比べると耐久性がかなり劣ります。

例えばVVFケーブルの被覆を剥ぐには電工ナイフというカッターナイフの幅よりもかなり分厚いナイフを使います。

100均のカッターナイフでも被覆を剥くことはできますが、やはり値段相応に感じます。

また「電工ナイフ」の方が圧倒的に楽で簡単に工事ができるので、時間制限内のある電気工事実技試験はすべて専用工具を揃えて試験を受けるのがおススメです。

とはいっても人それぞれの財布事情があるので、100均で揃えても大丈夫ですよ!

電気工事実技試験を専用工具を使って受けたい方は↓の記事を参考にしてくださいね!

●関連記:電気工事士技能試験に使える工具をまとめ!専用品で時短×楽に試験を受けよう

専用工具をお得に買う方法

電気工事士実技試験で専用工具を買い揃えたい方は「まとめ買い」がお得です!

まとめ買いすると、1つ1つ揃えるよりも安く購入できます。

私はこちらのセットを購入しました。

1つずつ購入していくのが面倒な方にも1度の購入で済むセットがおススメです。

ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験工具セット 基本工具+P-958VVFストリッパー DK-28 特典ハンドブック付
created by Rinker

また技能試験に挑むために試験前に練習しておく必要があります。

100均工具や専門工具を購入したら、技能試験セットも準備しましょう。

ここまで準備しておけば後は練習あるのみです。

公開されている全13問の問題の内、1問が実技試験で選択され、全く同じ問題が出てきます。

1回~3回分の練習セットが通販で販売していますので、不安な方は沢山練習しましょう!

ちなみに1回~3回分の練習セットを購入しても、電線やリングスリーブ以外などの消耗品以外は、1回分と同じ器具セットです。

なので、たくさんの練習ができるセットの方が、電線が増えていくだけなので、割安に購入できますよ!

\全13問×1回分練習セット/

\全13問×2回分練習セット/

\全13問×3回分練習セット/

通信教育の利用もあり!

工具を準備して独学で勉強するのは、電気を学んだとこが無い方や工事関係の知識が全くない方にとっては大変です。

誰かに教えてもらいたいけど身近に電気工事に詳しい方がいない場合は、通信講座の活用も検討してみてください。

株式会社 翔泳社アカデミーの「第二種電気工事士」の通信講座は技能試験の合格目標を「1ヶ月以内」としています

テキスト、過去問などが充実しており、スマホやパソコンからweb講座が受けれますので、独学での学習に不安がある方でも安心して使えます。

1ヶ月以内で合格レベルまで技能や知識を上げることができる通勤教育は魅力ですね。

通信教育の料金
  • 【技能対策】39,600円(税込)
  • 【技能対策+工具フルセット】 59,576円(税込)

この価格で合格が近づくのであれば、試験に合格し就職・転職に役立てればすぐに回収できるでしょう。

【工具フルセット】には工具と技能試験を練習するための教材が同封されていますので、1から揃えるよりも価格は安くなります。

翔栄アカデミーの第二種電気工事士 技能コース

まとめ

今回は電気工事士の実技試験を受ける方のために100均で買える工具について紹介しました。

私としては使いやすいので専用工具をおススメしますが、お金をかけたくない方は100均で工具を揃えましょう。

専用工具を買い揃えて、第2種工事士の技能試験の課題を12分~15分程度で完成させるほど対策しましたが、100均工具を使うと25分かかりました。

慣れないせいもあると思いますが、価格が安い分、時間がかかるというハンデを抱えてしまいます。

ただしっかりと練習して対策することで十分に100均工具でも合格できると思います。

しっかりと練習して合格を目指しましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資格試験
この記事をシェアする
うきぐもをフォローする
うきぐもブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました