『酸素系漂白剤×重曹』衣類のニオイ・黄ばみ・ワキガをガッツリ落とす!おススメ洗剤や洗濯方法を紹介

生活
スポンサーリンク

衣類を洗濯しても「ニオイや黄ばみ・ワキガの臭いが取れない」と悩んでいる方はいませんか?

衣類の脇の部分からすっぱいニオイや嫌なニオイがしたら、「ワキガ」を疑ったほうがいいかもしれません。

ワキガの臭いは普通に洗濯しても取れないことが多く、緊張してかく脇汗、皮脂による汚れも同様に落ちづらいです。

これは一般的な洗剤では、こびりついたワキガの臭いを落とすほどの洗浄力がないからです。

『酸素系漂白剤』と『重曹』を掛け合わせて使うと、大幅に改善することができます。

今回は衣類についたニオイや黄ばみ・ワキガの臭いをガッツリ落とす洗剤や洗濯方法、注意点についてご紹介します。

洗濯で落ちないニオイの正体

衣類についた汚れやニオイは基本的に洗濯すれば落ちます。

ただし化学繊維(ボリエステルなど)の素材で作られたポロシャツやYシャツなどではワキガのニオイが落ちにくい傾向にあります。

汗に含まれるアンモニア、皮脂が菌に食べられ分解物が生成・繁殖することで、ニオイが発生します。

汗をかいた直後よりも、乾いてきたら分解物が繁殖して、徐々にニオイが出てきます。

汗は衣類の繊維にまで染み込むので、繊維の中で分解物がさらに繁殖します。

衣類の繊維に入り込んだ汗のニオイは、洗浄力が弱い一般的な洗濯洗剤では太刀打ちできないレベルの頑固なニオイです。

自分の汗のニオイって気づきにくいし、他人からも指摘されづらいです。

もしかしたらニオッているのかも…気にしすぎも良くありませんが、自分らしく過ごすためにもニオイはない方がいいですよね!

おススメの洗濯洗剤

誰もが汗臭くて黄ばみのある衣類は着たくはないですね。

衣類を買い替えるのももったいないので、きちんと洗濯をして頑固な汗のニオイ・黄ばみ・ワキガをガッツリ落としましょう。

清潔な衣類を着て過ごせるようにおススメの洗剤を2つご説明します。

強力な除菌・消臭効果「酸素系漂白剤」

「酸素系漂白剤」は繊維の奥まで染み込んだ頑固な汗や皮脂汚れをスッキリ洗い落とすことができます。

衣類に漂白剤?と困惑される方もいるかと思いますが、酸素系漂白剤はニオイに対して、高い効果を発揮します!

漂白力はそこまで強くないので、衣類が痛むことがなく、汗のニオイや黄ばみ、ワキガの臭いを洗い落せます。

頑固な汗のニオイや黄ばみを落としたいときは「粉末タイプ」が酸素系漂白剤がおススメです!

「粉末タイプ」は洗浄力が強く、一般的な洗剤の効果が届きにくい繊維の奥深くまで入り込むことで、汚れを落とすことができます。

ただし「粉末タイプの酸素系漂白剤」は羊毛や絹には使えませんので、注意してください!

シャボン玉 酸素系漂白剤(750g)「粉末タイプ」
created by Rinker

消臭・漂白効果「重曹」

「重曹」は消臭作用・漂白作用があり、油汚れもよく落としてくれます。

「酸素系漂白剤」とも相性がよく、混ぜ合わせて使うことでより効率的に汚れやニオイを落とすことができます!

シャボン玉 重曹(680g)
created by Rinker

おススメの洗濯方法

衣類のニオイや黄ばみ・ワキガの臭いを落とすため、洗浄力が強い粉末タイプの『酸素系漂白剤と重曹』を使用したおススメの洗濯の方法についてご説明します。

まずは洗剤などと一緒に必要なものを準備しましょう。

準備するもの
  • ぬるま湯(40~50℃)
  • 粉末タイプの酸素系漂白剤
  • 重曹
  • 大きめの洗面器

衣類が1~2つの場合は洗面器のサイズで十分に洗濯できます。

ただしもっと衣類の数を多くなると、大きな入れ物が必要になってきます!

私が使っている洗濯かごはお湯を張れることができるので、衣類の数が多くなってきたら、洗濯かごを使っています。

アイリスオーヤマ ソフトバスケット
created by Rinker

酸素系漂白剤・重曹につけ置きする

洗面器やかごに40℃~50℃のぬるま湯を入れ、「酸素系漂白剤」と「重曹」を入れます。

目安はぬるま湯1リットルに対して、酸素系漂白剤は大さじ1杯・重曹は小さじ1杯程度

洗濯物の多さによってぬるま湯の量・酸素系漂白剤・重曹を調整します。

汗のニオイや黄ばみ・ワキガの臭のついた衣類を入れ、1時間を目安につけ置きしましょう。

ちなみに酸素系漂白剤はぬるま湯を使うことで、洗浄能力を高めることができますが、お湯の温度が高すぎると漂白が急激に進み過ぎて、本来の効果が得られなくなる場合があります。

また高温のお湯で洗濯すると生地を傷める原因となりますので、40℃~50℃のぬるま湯で洗濯するようにしましょう。

またつけ置きする衣類は色移りの可能性もありますので、気を付けてください。

つけ置きした後は洗濯機で洗う

つけ置き後は、衣類は大量の水を含んでいます。

衣類を絞って軽く水ですすいで、普段通りに洗濯洗剤や柔軟剤を使って洗濯します。

他の洗濯物と一緒に洗濯して大丈夫です!

衣類を濡れたままにしておくと、雑菌が繁殖しますので、洗濯後は、風通しの良いところに干しましょう。

注意事項

酸素系漂白剤は素手で触らない

洗浄力は塩素系漂白剤と比べると弱いですが、それでも漂白剤です。

取り扱いは充分に注意しましょう。重曹と混ぜ合わせるときは酸素系漂白剤を素手で触らないでください

羊毛や絹の生地には使えない

酸素系漂白剤は色物や柄物の洋服は色落ちしにくいですが、羊毛や絹の生地には使えません。

また長時間つけ置きした場合は、色移りする可能性もありますので、違う系統の色の衣類を洗濯する場合は気を付けましょう。

また金属部分は変色のおそれがあるため、チャックやボタンなどがある衣類にも注意しましょう。

大切な衣類は色落ちしないか確認

大切にしている衣類であれば、念のため色落ちしないか確認してからつけ置き洗濯しましょう。

衣類の目立たないところに「粉末タイプ」の酸素系漂白剤を擦りつけて、5分ぐらい経過後に水洗いして色落ちしていないか確認してください。

まとめ

洗濯しても衣類のニオイや黄ばみ・ワキガの臭いが取れずに悩んでいる方に向けて『酸素系漂白剤×重曹』を使った洗濯についてご紹介しました!

暑い時期に汗をかくのは仕方ありませんが、衣類のニオイや黄ばみ・ワキガの臭いが取れないのはイヤですよね。

衣類から汗のニオイを無くして、日常生活を楽しいものにしていきましょう!

私は汗っかきなので夏場は2~3回着たら、つけ置きして汗のニオイを取るようにしています。

自分の衣類からなんか臭うな?と思った時は周りの方がイヤな顔をしているかも…

ニオイばかりに気にする必要はありませんが、自分も周りも心地良く過ごすためには最低限の心遣いは必要かなと思います。

洗濯洗剤は通販サイトで購入できるので、夏の洗濯物にお困りなら、ぜひ試してみてください!

長文見ていただいてありがとうございました。

シャボン玉 酸素系漂白剤(750g)「粉末タイプ」
created by Rinker
シャボン玉 重曹(680g)
created by Rinker

脇汗を抑える【デオナチュレ】ソフトストーンW 女性や汗をかく量が少ない方におススメ!


脇汗を抑える【デオナチュレ】男ソフトストーンW 男性や汗をかく量が多い方におススメ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
この記事をシェアする
うきぐもをフォローする
うきぐもブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました