『お得にセット割』電気工事士技能試験用の工具セットを一括で購入しよう!

資格試験
スポンサーリンク

「電気工事士」資格の取得を目指している方へ!

第一種・第二種電気工事士資格を取得するには【筆記試験】と【実技試験】それぞれに合格する必要があります。

筆記試験はテキスト・問題集で勉強すれば、合格レベルまで知識を習得することができます。
なので合格を目指し、要点を抑えて勉強される方にとってはさほど難しくないでしょう。

うきぐも
うきぐも

人によって苦戦するのが実技試験です。

不器用な方にとって【実技試験】は本当に苦労します。

実技試験では机の上で支給される材料を使って配線図通りに電気回路を完成させる必要があります。
簡易的な電気工事を行って、回路が形成されているか?品質をクリアしているか?が試されます。

実技試験はご自身で作業用工具を準備し、電気工事の練習をして腕を磨く必要があります。

今回は第一種・第二種電気工事士の技能試験の合格を目指している方で、
工具を全く持っていない方に向けて、お得に揃えられる技能試験工具セット(約\12,000円)をご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

実技試験の合格は難しい?

電気工事士資格を取得するために、【筆記試験】と【実技試験】の両方に合格しなければなりません。

筆記試験は6割の点数を取れば合格できますが、同じように実技試験にも合格基準があります。

ただし電気工事で屋内配線などでミスをしてしまえば、火災が発生したり最悪人命にかかわってきます。

筆記試験と違って、配線ミスや圧着ミス一つで不合格になるのでなかなか緊張する実技試験となっています。

緊張するのは仕方ないとして、しっかりと実技試験用工具を購入して事前練習が必要です。

練習すれば誰でも十分に合格できますので、事前練習をキチンとしてくださいね!

おススメの工具セットを紹介!

第一種電気工事士・第二種電気工事士の実技試験において準備する工具に違いはありません。

「電気工事士技能試験工具セット」を準備すれば不足や過剰もなく必要な工具を揃えることができます!

工具セットは12,000円ぐらいで購入できますよ!

単品で一つずつ購入すると18,000円ぐらいするのでかなり安く揃えることができます。

↓おススメの工具セットはこちら↓

セット内容は「必要最低限の工具」と「あれば便利なVVFストリッパー」がセットになっています。

セット内容

1.プラスドライバー
2.マイナスドライバー
3.ペンチ
4.ウォーターポンププライヤー
5.圧着工具
6.VVFストリッパー
7.電工ナイフ
8.布尺

付属品として電気工事士技能試験 候補問題全13問と技能試験のポイントを解説した技能試験対策ハンドブックが付いてきます。

このセットは必要最低限な工具として、プラスドライバー・マイナスドライバー・圧着工具などが揃えられています。

また技能試験が苦手な方に向けに「VVFストリッパー」も入っているので便利ですよ!

試験ではVVFケーブルをペンチで必要な長さに切断して、電線部分を傷つけないように電工ナイフで被覆を剥がす必要があります。

「VVFストリッパー」は電線の被覆を剥いたり、配線を切断したりとペンチや電工ナイフの代用ができます!

時短に役立つアイテムですので、技能試験に苦手意識のある方は使い慣れておくと心強いですよ。

もう最低限必要な工具を揃えられた方は「VVFストリッパー」を単体でも買えますので、余裕があれば買っておくと便利ですよ!

練習用部材も買っておこう!

技能試験には試験前に練習しておく必要があります。

工具セットと合わせて、試験対策用の材料が入った「練習用部材」も揃えておきましょう。

VVFケーブルやコンセントなど電気工事士技能試験の候補問題の電気回路を完成させるのに必要な部材がすべて入っています。

ここまで準備しておけば後は練習あるのみです。

余裕があれば2回・3回と練習しておきましょう!

全部揃えると少々値段が張りますが、電気工事士試験に合格し、就職・転職に役立てることが出来れば、すぐに元を取ることができるでしょう。

  • 第二種電気工事士技能試験の候補問題全13問を、それぞれ1回ずつ練習できる電線と器具がセット
  • 工具の使い方から単位作業、候補問題全13問までポイントを分かりやすく解説したDVD付き
  • 候補問題全13問の複線図、完成図、各器具の名称と電線の種類などをフルカラーで掲載。A5サイズで持ち運びに最適。

まとめ

今回は電気工事士の実技試験に使える工具セットについてご紹介しました。

電気工事士の実技試験がありますので、緊張しないように十分に練習しておきましょう。

また工具セットや練習用部材を揃えていくと3万円ほどかかってしまいますが、資格を取得し、就職や転職に生かすことができればすぐに元が取れますよ!

また練習は本番と同じような環境で本番で使う工具を使用しましょう。
一つのミスで落ちてしまう実技試験ですので素早く使うために工具に慣れることも大切です。

しっかりと練習し皆さんが合格されることを願っています。

足りない工具を1つずつ欲しい方に向けて詳細の説明や、独学での勉強が苦手な方におススメの通信教育「翔泳社アカデミー:第二種電気工事士」についてまとめています。興味のある方はぜひご覧ください!

翔泳社アカデミー:第二種電気工事士講座は短期合格を目指している方におススメです。
技能コース(Web通信教育)+工具セット+練習用部材で約60,000円ですので、コスパもいいと思います。
興味のある方は↓公式サイトからご覧ください↓

第二種電気工事士 短期合格特別講座

長文を見ていただいてありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資格試験
この記事をシェアする
うきぐもをフォローする
うきぐもブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました